放映スタート!JR東日本初のシェアオフィス「STATION WORK長野」PR映像制作にBeBridgeが全面協力

放映スタート!JR東日本初のシェアオフィス「STATION WORK長野」PR映像制作にBeBridgeが全面協力

JR東日本が展開するワークプレイス事業「STATION WORK」の直営シェアオフィス第一号「STATION WORK 長野」のPR映像をBeBridgeが共同制作

10月より順次、JR各線のトレインチャンネル(車内デジタルサイネージ)と首都圏などのJR駅構内デジタルサイネージにて、JR東日本が展開するワークプレイス事業「STATION WORK」が直営するレンタルオフィス第一号の「STATION WORK長野」のPR映像の放映が開始されました。この映像制作に、株式会社ビーブリッジ(本社:東京都千代田区、代表取締役:野崎 良博)が全面協力。駅直結の利便性や、高いセキュリティ、長野県産建材を使用した心地良い室内、使い勝手の良い設備などを、端的かつ軽快に映像に集約。ワークスタイルの新しい提案をより広める活動に寄与しました。




<背景>

 

新型コロナウイルスの感染拡大を契機として、ワークプレイスへの「分散化」「縮小化」「フレキシブル化」といったニーズが高まっています。その声に応えるべく、2021年3月23日(火)にJR東日本駅ビル初、かつJR東日本直営一号となるレンタルオフィス「STATION WORK長野」がオープンしました。

そのさらなる周知を図るにあたり、弊社にて映像を作成。10月より順次、JR山手・中央快速・京浜東北・京葉・埼京・横浜・南部・常磐・総武各停内のトレインチャンネル(車内デジタルサイネージ)、および首都圏・東北・北信越エリアの駅構内のデジタルサイネージにて放映される運びとなりました。
※11月8日より、トレインチャンネル(車内デジタルサイネージ)での放映がさらに強化される予定。

 この取り組みを契機に、弊社のxRの技術を活用しながら「STATION WORK」のPRに今後も寄与していく予定です。



 <STATION WORK について>


STATION WORKは、2019年8月にサービスを開始したJR東日本のシェアオフィス事業です。個室ブースSTATION BOOTHや、ホテルシェアオフィスを始めとするワークプレイスを提供することで、多様化する働き方をサポートし、ソリューションを提案。2021年10月現在、日本全国約260ヵ所のネットワークが稼働中。2023年度1000ヵ所体制に向けて、拠点拡大を進めています。

URL:https://www.stationwork.jp/booth-desk-franchise/


 
<STATION WORK 長野とは>

JR長野駅直結の駅ビル「MIDORI長野」5Fに位置し、ブース型時間制ワークスペース「STATION BOOTH」と家具付き賃貸型オフィス「STATION OFFICE」を併設した、JR東日本初の直営レンタルオフィス。

ハイセキュリティでありながら、長野県産材を利用した自然豊かな長野らしさを表現したデザインが特徴です。

 名称:STATION WORK長野
所在地:〒380-8543 長野県長野市南千歳1丁目22-6 MIDORI 長野 5F
電話:026-224-5324(受付時間 平日10:00 - 17:00)
Email:station_work_nagano@jreast.co.jp
URL:https://www.stationwork.jp/station-office/


<東日本旅客鉄道株式会社>
長野支社 運輸部事業課
所在地:〒380-0921 長野市栗田源田窪992-6
電話:026-226-7555
FAX:026-224-4076
URL:https://www.jreast.co.jp/travel/shinetsu_hokuriku/nagano/